皆様の事業に貢献します

春日渡辺会計ではWebサイト構築サービスを格安で提供しております。
このサービスではWebサイトのプラットフォームにWordPressを利用しています。

WordPressを利用したWebサイトの作成についてご紹介したいと思います。

Webのしくみ

いまさらですがWebの仕組を簡単におさらいしたいと思います。

単純化するとWebのデーターを発信するコンピューターと、Webデーターを受信して画面に表示するコンピューターがあり、Webデーターを発信するコンピューターがWebサーバーで、画面に表示するコンピューターがWebクライアントです。

Webサーバーの中身

Webサーバーは一つのプログラムだけで機能しているわけではなく、様々なプログラム(システム)が組合わさって動いていることが多いです。ごく単純化すると、WebクライアントとWebデーターをやり取りする役目のプログラムとWebデーターを作り出す役目のプログラムに分けられます。前者(狭義のWebサーバー)の例がIISやApacheで後者の例が今回利用したWordPressです。

WordPressの役目

WordPressはWebデーターを作り出すプログラムです。もう少し詳しく説明すると、コンテンツ(文章、画像、リンク等々)を保存し、コンテンツをWebを見る人が見やすいように抽出したり、並べ替えたり、Webの画面構成を整理整頓したりします。このようなプログラムをCMSと言うそうです。

WordPressのようなCMSが使われるようになったのは、Webサイトが大規模化したためと、Webデーターがある程度定式化されてコンテンツの見せ方の雛形みたいなものが定まったからでしょう。画面の上部にはWebサイトの見出しが表示されてメニューがあって、左右にはリンクや紹介文があって、真ん中にはメインのコンテンツが表示されて、画面下には注意書きやらが表示されます。メインコンテンツの内容や日付や執筆者ごとに分類され、分類や階層を整理して表示されています。CMSを使わない場合は人間がコンテンツの分類や階層を整理整頓しすべてのWebページのデーターを作らなければなりません。またコンテンツの内容が変わったり追加や削除されると、影響がでるページをすべて洗い出してつくり直す作業が必要になります。人間はコンテンツの分類や階層を指定して、それに従ってWebページをコンピューターが自動的につくる方がずっと効率的です。

WordPressの動く仕組み

WordPressはコンテンツをを保存し検索抽出し並べ替える機能を持っています。このような機能はまさにデーターベース(DB)の機能です。WordPressはMySQLというDBを使ってこの作業を行っています。また人間が決めたコンテンツの分類や階層に従ってWebページを作り出す機能はPHPというプログラムで記述されています。PHPは上で述べたIISやApacheなどのWebサーバーと相性がよく、DBからデーターを取り出してWebサーバーに渡すのに向いています。まずはWordPressはMySQLとPHPで動いている事だけご紹介します。

WordPressを使う理由

WordPressを使うのはCMSの中で安価でしかも人気があるからです。WordPress以外にもCMSは沢山ありますが、利用する人が多いほど情報が手に入りやすく疑問点や問題が起きたときに解決がしやすいからです。疑問点や問題点がおきてもたいていの場合誰かが同じ事を考えてノウハウを公開してくれています。何だか解らないけどWebで検索した通りにやったら動いてしまうという事もあります。WordPressが最善なツールかどうかは解りませんが、大きく外す心配はないと思います。

これからの予定

これからWordPressの導入から標準的なWebサイトの雛形を制作する過程をブログでご紹介していきたいと考えています。

資金調達・創業計画策定支援業務開始
生産性向上設備投資促進税制解説セミナー
previous arrow
next arrow
Slider
ページのトップへ戻る